ITの急速な発展

ITは急速に発展しています。
インターネットの通信速度もどんどん速くなってきました。かつては電話回線を使ったダイヤルアップ接続でしたが、今ではADSLや光ケーブルなどによりブロードバンド通信ができるようになりました。

また、無線の速度も向上して、無線でもブロードバンド通信を楽しめるようになりました。また、記録媒体もかつてはフロッピーディスクでしたが、より容量が大きいCDやMOに変わって現在ではブルーレイディスクになりました。フロッピーディスクに比べるとブルーレイディスクはケタ違いの容量を持っています。ITの普及で取り扱うデータの大きさが大きくなって、フロッピーディスクでは足りなくなったのが原因でしょう。

パソコンやタブレットだけではなくスマホの容量も大きくなってきています。記憶媒体もハードディスクだけでなくSSDも出てきました。SSDはアクセス速度が速く、軽量なのが特徴ですが、まだまだハードディスクほどの容量を持っていないのと価格面でハードディスクに負けています。ですが、OSをアクセス速度の速いSSDにして、データ保存用にハードディスクを使うなどハイブリット型もあります。

ITの発展でデータが大容量化してきています。それに対応して、記憶媒体の容量も大型化していっています。USBフラッシュメモリーも以前からは考えられないような値段で大容量のものを買うことができます。ITの発展はこれからも大容量と高速化が進むことでしょう。一度、高速な通信を体験すると遅い速度には戻れなくなります。

ITが発展していく中で、急速なスピードについていくエンジニアさんたちは大変な勉強をされていることだと思います。常日頃同じ業務を行うのではなく、彼らはいつも未来を追いかけ、未来を先取りしながら仕事を進めています。

そのため、もっと自身のキャリアを磨きたい方は年収がよいエンジニアの求人を探したり、外資系にチャレンジしたりされるようです。社会とともに生きる姿がとてもカッコいいと尊敬します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です